標高1200mの高原で生活する動物たちの日々を猫の「ちゃちゃ」がレポートします。
http://mominoki1956.blog134.fc2.com/
admin
 

プロフィール

mominoki1956

Author:mominoki1956
名前 ちゃちゃ
住所 愛媛県 ポニー牧場
性別 おっさん
仕事 ポニー牧場のパトロール
趣味 おとっちゃん

お知らせ

フリーエリア

ちゃちゃのお勧め記事

№1 第16話 おとっちゃん物語     №2 第28話 Aちゃん物語       №3 第 8話 か…解剖

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

FC2カウンター

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用]
2013.03.06/ 00:07(Wed)
おかあちゃんが、ブログも更新せず、脂肪の蓄積に励んでいた平成23年12月頃

近くで木の伐採をしていた人が、壊れた巣の中に入ったまんまのこの子を連れてきました。

伐採された木に住んでいたらしく、巣ごと落ちてきたそうです。

P1000121.jpg 

体調15センチくらい。どうやら二ホンモモンガのようです。 

もちろん、おとっちゃん以下、ポニー牧場の住人全員、初めての遭遇。
 
雪の中、巣から放り出されたらままでは死んでしまうかもしれないので、

しばらく保護する事にしました。


P1030975 - コピー 

名前は「ちょしちゃん」

ちなみに巣の中にある茶色いものが、ちょしちゃんの元の巣です。

目が大きくて、めちゃくちゃかわいいのですが、

野生の出身なので、おとっちゃん以外の人には、なかなか姿を見せてくれません。  


thCA705IB0.jpg

o0568061511900858613[1] 

o0568024311900857522[1]  

e0162117_16131276[1]   

 上の4点の画像は、ウィキペディアなどからお借りしました。

現在、捕獲も飼育もできないそうで、実際に目にする事は、ほとんどないということです。


森の中を自由に飛んでいた「ちょしちゃん」には、ケージは窮屈でしょうが、

しばらくの間、辛抱してね。

春になったら、森に帰してあげるから。


 
Category: ポニー牧場
編集[管理者用] Trackback(0) Comment(1) 
 
Comment
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

NAME: | 2013.06.19(水) 14:11 | | [Edit]

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 ポニー牧場物語~四国カルスト・もみの木~, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。